FC2ブログ

堕ちた伝説獣

「これが地球を守るチェンジマンか・・・・・大した事ないメス達だ・・・・」
「くっ・・・・」「うっ・・・・・」
チェンジマーメイドこと渚さやかとチェンジフェニックスこと翼麻衣は敵に捕らわれていた。辺りが歪んで見える異空間に閉じ込められていた。二人ともチェンジスーツを着用しているがマスクを剥ぎ取られた格好で触手に手足をⅩ字に拘束されていた。



「これが地球を守るチェンジマンか・・・・・大した事ないメス達だ・・・・」
「くっ・・・・」「うっ・・・・・」
チェンジマーメイドこと渚さやかとチェンジフェニックスこと翼麻衣は敵に捕らわれていた。辺りが歪んで見える異空間に閉じ込められていた。二人ともチェンジスーツを着用しているがマスクを剥ぎ取られた格好で触手に手足をⅩ字に拘束されていた。
「こんな空間に閉じ込めて私達をどうするつもりなの!」
麻衣が怒鳴りつけた先には黒いパワードスーツに身を包んだ大柄の男。しかしマスクに覆われた顔は人間なのか宇宙獣士なのか定かではない。
「俺は邪神デッド・ランス。ランスと呼ぶがいい。お前等メスを捕らえたのは嬲るのに楽しめそうな素材だからだ・・・・」
「私達は・・・・・嬲られる為だけに・・・・囚われたの・・・・・・」
「馬鹿馬鹿しいわ・・・・・・」
さやかと麻衣は歯を強く噛み、怒りが込み上げていた。
「お前達、地球の平和を守る気高きメスどもが何処まで耐えられるか、楽しみだ!くくくっっ・・・・・」
異空間に響き渡るランスの笑い声。その素顔を見ない二人でもこの男が狂気に満ちた性格だということが理解できる。
「我が力をとくと体感するがいい!」
ランスが力を解放すると体から腕が生え、マスクの額からは角が生える。ランスから発せられる空気は異質なものでアースフォースを浴びた女戦士は異様な気配に身の毛が弥立つ。
「絶対に私達は、屈しないわ・・・・・・」
「ええ、私達の強さ、見せつけてやるわ・・・・・・・」
異空間の中、誰かからの助けの無い絶望的な状況でさやかと麻衣に嘗てない陵辱劇が始まる・・・・・・・


「グローリー・メロウハンズっ!」
ランスは何やら呪術を唱えると全身に紫色に光る妖しげな閃光を纏い、渚さやかの前に立つ。
「がふぅぅっ・・・・」
異様な滑りと光沢を示すランスの拳がさやかの腹に減り込む。
「さやかっ!」
麻衣は左を向き、さやかに声をかける。
「クククッッ・・・・心配はいらんよ。このグローリー・メロウハンズの素晴らしさが直ぐに分かる!」
「あ、あふぅっ・・・・!!ああっ!あ゛あああああっっっ??!!」
さやかが悲鳴を上げるとチェンジスーツの股間からまるでシャワーを全開したかのように止め処なく愛欲の蜜が滴り落ちる。
「さ、さやかっっ!一体さやかに何をしたの!!」
「くくくっっ・・・・簡単なことだよ。このグローリー・メロウハンズによって攻撃された女は瞬間的に途轍もない快感を味わう
ことになるのだ。しかし、その継続時間は極々短い。そろそろ彼女が被虐の夢から覚めるぞ!」
「はっ!!わ、私・・・・・・」
我に返ったさやかは自らの体の惨状に動転する。頭の回転が早いさやかでも一体何をされたのか理解できず、現状と結びつかなかい。隣にいる麻衣も冷静沈着で切れ者のさやかが取り乱している姿など信じられなかった。
「くくくっっ!!!どんなに気丈に振舞おうが、被虐的な刺激を快感に変えるメカニズムが女体の中には厳然と存在する。無論、男にもあるが女に比べれば、その得られる悦びは多寡が知れたものに過ぎん。
人に快楽を与える脳内麻薬とは、基本的に『痛み』を麻痺させるために発するもの。このグローリー・メロウハンズによって引き出された被虐的快感はマゾヒスティックな精神的転倒をも呼び起こすのだ」
「くっ・・・・」
「そんな・・・馬鹿なこと・・・・・・」
攻撃を受けたさやかは俯いているが、麻衣はとても信じられないという表情だった。そんな麻衣の前にランスが立つ。
「このメロウハンズには継続効果はないが、脳そのものは『学習能力』が存在する。すなわち、このメロウハンズで責め続けられる内にお前達は嗜虐的な反応を示すことで快楽が増すということを脳は学習していくのだ。お前達地球を守る正義のメスが何処まで耐えられるのか楽しみだ!!」
ランスは気が強い男勝りの女の頬を高らかに張り飛ばす。
 ぱしぃ――――――んっっ!!!
「―――あ、くあああぁぁぁ??!あ、あああぁ―――っっ!!!」
さやかと同様、やはり瞬間的に麻衣も股間からも止め処なく愛欲の蜜が溢れ出してくる。麻衣の意識が戻ってくるのを確認するとランスは話しかける。
「ふふふっっ、どうだ?これがグローリー・メロウハンズだ。気持ちが良かろう!」
「くっっ・・・・・・・」
麻衣は悔しさの余り奥歯を噛み締めるが、顔はサクランボのように赤く染まっている。ランスは麻衣の反対側の頬を張り飛ばす。
 ぱしぃ――――――んっっ!
「うう゛、あ゛あああああぁぁぁ―――っっ!!!」
麻衣は絶頂に導かれたような喘ぎ声を上げると、股間から愛液を放出した。自慢のチェンジスーツが愛液でベチョベチョになっている。
「くくくっっ!少し連続でぶちのめしてマゾの悦びを脳に焼き付けてやろう!」
「やっ、やめぇ!!!くああぁぁぁ!!!!――あ゛おおぉぉっ・・・・?!お゛ああぁぁっ!!あ゛あ゛ッッ!!!!」
(き、気持ちいひっ・・・・・・・気持ちいひわ・・・・・・・・)
ランスに連続で頬をぶたれた麻衣は股間から滝のように愛欲の蜜を垂れ流した。ピンク色の股の部分がシミにより随分と色が変わっているのが一目瞭然だ。
「ま、麻衣っ!!」
(・・・・あの手で殴られるとおかしくなってしまう・・・・・・中間を飛ばしていきなり高波にさらわれてしまうわ・・・・・しかも、、それだけでは・・・・ないようだわ・・・・・)
ランスは麻衣をぶちながらもさやかを見てニヤリと笑いを浮かべる。
「どうやらお前の脳が学習し始めているようだな・・・・・この腕で殴られると途轍もない快感を得ることができると。頭で否定しても身体が本能的にその快感を得られる刺激を無意識に求めてしまう。そしてその肉の無意識の欲望は仲間の痴態を見せつけられることにより、更に加速していく。そらーっ!!」
ランスの情け容赦のないバイオレンスの嵐がさやかの美しい胸に襲い掛かる。
「はううぅぅぅ!!!?あうう―――ぅぅ!!!!はぁぅぅ!!!!!」
(あはぁぁっ・・・・熱い・・・・・胸が・・・・お、おっぱいが!!おっぱいが燃えてしまうわ・・・・・・)
チェンジスーツの上からでも見て分かるさやかの形の良い乳房がランスの拳に何度も殴打される。御太いランスの腕から繰り出されるパンチを受けているにも拘らず、さやかの瞳は宙を泳ぎ、股間からは洪水がおきたかの如く、愛蜜が迸る。
(さ、さやかぁ・・・・・どうして、、あんなに滅茶苦茶に酷いことされているのにっ・・・・・・どうしてさやかはスーツの上からでも判るくらいに乳首をビンビンに立たせて、アソコからエッチな蜜を一杯垂らしているの・・・・・・)
麻衣はさやかを見ているだけで自分が乳房を殴られているような錯覚を感じてしまい、チェンジスーツにはクッキリと乳首が浮き上がっていた。
「くくくっっ・・・・・二人とも乳首を勃起させやがって、エロいメスどもだ。ここを嬲ってやったらどうなるかな?」
「ひいいっ!」「いややっっ!!」
さやかと麻衣の股間にランスの手が触れた瞬間、二人の体は弓なりに仰け反る。チェンジスーツの上から股間を触られただけで愛の蜜が溢れ出す。
「どうだ!触れただけで瞬時にすっ飛ぶだろう!少し中へ入れたらどうだ?」
「いややっ!!くあ゛ぁぁぁ!ああああっっっっっ!!!!!!!」
「ああっ!!うあぁぁ!!!あ゛あああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
ランスの中指が二人のチェンジスーツを突き破り、陰毛を掻き分けて陰唇に触れ、中指の第一間接を入れられるとさやかと麻衣は発狂するような喘ぎ声を上げ、腰をガクガクと震わせながらエロい蜜を垂れ流した。
(私・・・・初めては剣さんて・・・・・決めていたのに・・・・・・気、気持ちよすぎるわ・・・・・)
チェンジマンの中で一番の頭脳明晰、物事の判断力に長ける冷静沈着な渚さやか。強靭な精神力を持つ彼女でももはや凛とした表情は消え失せている。快楽に身を置きながら頭に浮かんだのはチェンジドラゴンこと剣飛竜の存在。さやかが仲間のことを想うことが出来たのはこれが最後だった。
(ああぅぅ・・・・・と、東郷さん・・・・・・私、、もうダメェェ・・・・・・)
同様にチェンジマンの中で男勝りで気が強い翼麻衣。そんな彼女からは想像できないくらいに乱れ狂っている。初恋の相手、リンド星に旅立ったドクター東郷のことを想い続けている麻衣だが、その想いも快楽の波に呑み込まれていく。
「くくくっ、そろそろペニスを併用させてもらおう。こいつの長大なペニスに貫かれながらメロウハンズで嬲られると死ぬほど気持ち良いぞ!先ずは翼麻衣、貴様から可愛がってやろう!」
「あ、あぁぁっ・・・・だ、ダメっ。や、やめてっ!やめてぇっ!!・・・・・」
(そ、そんなことされたら、私・・・・絶対に・・・・・おかしくなってしまうわ・・・・・・・・)
ランスの巨躯に相応しい長大でグロテスクなペニスが翼麻衣の秘芯の入り口に押し当てられる。
「~~~~ッッッ!!!!あ゛ああ゛、、うああああああああ――――――ぁぁぁんんっっっ!!!!!!!!」
ゆっくりゆっくり先端が減り込り、メリメリと潜り込む淫らな音を響かせ、麻衣の膣の中に埋まっていく。麻衣の処女はランスによって奪われたが、初めての相手にもかかわらず、魂がトロけるような快美感が翼麻衣の心身を果てしもなく貫いていく。
「はぁんっっ!!!はぁふぅぅ・・・・・はわわわぁぁぁぁっ!!!・・・・・~~~~~っっ!!!!・・・・・・」
下半身は震え、麻衣は絶頂を迎えた。股間からはダムが決壊したように愛の蜜が溢れかえる。
(・・・・ま、麻衣っ・・・・・ど、どうしてっ、、どうしてぇっ!!・・・・麻衣のあんな姿を見て・・・・私・・・濡れちゃってる・・・・濡らしちゃってるぅぅ!!・・・・・・・・)
グロテスクなペニスを挿入されているが、麻衣は満面の笑みを浮かべている。そんな麻衣の姿を見ているだけでさやかの股間はグショグショに濡らしている。
(なかなか締りがいいじゃねえか!!身体を鍛えているだけはあるな・・・・・俺もイクと同時にこいつもイカせてやるか!)
麻衣の尻の肉を手で鷲掴みにして固定するとランスの巧みな腰使いで麻衣をあっという間に絶頂に引き上げる。
「グおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!」
「ああぁぁ・・・・くああぁぁぁ!!!!!イッちゃう・・私イカされちゃう・・・うあああああああ―――ぁっっ!!!!!!」
ランスの熱き白濁液が麻衣の胎に大量に注がれていくと同時に麻衣も絶頂を迎え、高らかに喘ぎ声を上げた。ランスがペニスを引き抜くと愛の蜜と混ざり合った白濁液が噴き出した。
「くくくっ!!これで分かったろう!男勝りな女に頭脳明晰な女。このランスのグローリー・メロウハンズの前では嗜虐の悦びに泣きむせぶ、『変態マゾ女』にしかなるしかないのだ!!さらに徹底的に、効果的にお前達の脳から『マゾ』の悦びを呼び覚ましてやろう!!」
誰も助けの来ない異空間の中、ランスの怖ろしく残酷で、情け容赦のない調教が始まった。二人の女戦士に互いに競わせるように見せつけ合わせ、彼女たちが積極的にくらくおぞましいマゾの悦びに目覚めていくように仕向ける。
「――はふぅぅっ!!ご、御主人様のおっしゃる通りですぅ!!・・・・わ、、私、、、さやかはマゾ・・・い、虐められるのが大好きで、、大好きでたまらない、変態ですぅ・・・・・・」
巨躯から生えるグロテスクなペニスがさやかの膣に挿入された。さやかの処女も欲望の邪神ランスにより奪われてしまうが、さやかは悦びいっぱいの笑みを浮かべる。いまや性感帯は常人の何十倍も感覚が膨らんでおり、蕩けそうな陶酔感に溺れていく。
(かはぁぁ――っっ!!!・・・・全身から、、力が抜けて・・・・物凄く、、心地良いわ・・・・・)
麻衣が責められている間、ずっと傍らで見ていただけあって膣内に溢れかえる愛の蜜の量は相当なものであった。
「ほれほれっ!!どうだ!!気持ち良いだろう。もっと被虐的になり感じるがいい!!」
「~~~~ァァ!!!!!あ゛ッッ!!ああ゛~~~~ぅぅッッ!!!!!」
ランスが腰を動かし、膣の奥をもっと突き上げるとさやかは甘美溢れる喘ぎ声を上げる。少しスピードを速めてやるとさやかは絶頂に達し、無我の境にイッてしまうのだった。
「まだ俺がイッていないのにイクとは、まだ自分の立場が分かっていないようだな!」
 ぱしぃ――――――んっっ!!! ぱしぃ――――――んッ!!!
「ぅぅ!!!!くああ―――――ッッッ!!!!!!があああ―――――――ァァ?!!!・・・・・・」
右、左と頬をぶたれたさやかは中間を飛ばされ、一気に絶頂に達し、ペニスを挿入されたまま愛の蜜を迸らせた。
「どうだ!自分の立場を理解できたか?このメスがぁ!」
「は、はいっっ!!!!はひいいぃぃ!!!!も、申し訳・・・・御座いません・・・・・・御主人様っっ!!!!!ど、どうか・・・・こ、この・・・淫乱なメスに、、、罰をお与え下さいぃ!!!・・・・・・」
「ふふっ!いいだろう!!お前には俺の精液を中出ししてやろう!!俺の精液で思う存分、善がり狂うがいい!!」
ランスは腰を振る速さを一段と速めると盛り上がった亀頭から勢いよく、白濁液を放出した。
「あっ!ああっ!!!うああああ―――――――――――ぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」
全身をビクビクと小刻みに震わせ、絶頂の余韻を味わうさやか。ペニスが引き抜かれると注ぎ込まれた白濁液と余りの気持ち良さに小水を垂れ流していた。
「ご主人様っ!!私は痛いのが気持ちいい、、変態マゾ女なのぉ!マゾ女ですぅぅ!!!!」
今度は構ってもらえなかった麻衣がランスの気を惹こうと御強請りする。
「くくく・・・・そうか、痛いのが気持ち好いか!!!ならこれはどうだっ!!!」
「うがあああ――――――ぁぁぁぁ!!!!!!!」
ランスは何の容赦もなく麻衣の股間を蹴り上げた。天を仰ぎ、弓なりに体を仰け反らせて足をガクガクと震わせ、股間は氾濫したかの如く、愛液を垂れ流す。
「気持ち良いようだな!伝説獣の力を受け継いだメス鳥!!ならもっともっと嬲ってやるよ!!」
「ああっっ!!!!くああ―――――ぁぁぁ!!!!!うぅ!!あああああーーーーーッッ!!!!!!」
麻衣の恥骨が砕けてしまうのではないかというくらいの手加減なしのランスの全力の蹴り。それでも満足の笑みを浮かべ、喜悦の声を上げる。
「御主人様ぁぁ!!私は、、、宇宙獣士を・・ヒドラー兵を沢山やっつけてしまいました。こんな罪多き、メスのどうか、どうかおマ○コを蹴り飛ばしてくださいッッ!!!!」
今まで地球を守るため、宇宙獣士と戦ってきたことを全て否定してランスの気を惹こうとする必死のさやか。そこには凛とした芯の強いイメージのさやかの欠片も残っていない。
「おらっ!!どおだぁ!!これで満足か!伝説獣の力を受け継いだメス人魚!!」
「くあああぁぁぁ!!!!!き、気持ち良いッッ!!!かぁああーーーーーーぁぁぁぁ!!!!!!」
ランスは両手でさやかの腰を掴み、恥骨をかち割るように膝蹴りを何度も叩き込んだ。さやかには恥骨が粉砕されるような激痛が走っているにもかかわらず、蕩けてしまうような快楽しか感じない。
「ご、御主人様っ!私もぉ、、宇宙獣士を倒した・・・・・悪いメスですぅぅ!!!どうか、嬲って下さいっ!!!」
(くくくっ・・・・・本番はこれからだ。グローリー・メロウハンズの効果が切れても俺の与えた被虐の従属の悦びが忘れられぬよう、お前達を完全にマゾヒストの牝奴隷に染めてやろう!)


 その後もさやかと麻衣はランスのグローリー・メロウハンズに競い合うように殴られ、掴まれ、引っ叩かれることを望んだ。二人の頬が真っ赤に染まり、胸骨、肋骨には骨に罅が入るくらい殴られ、恥骨も骨折し、粉砕されるまで蹴られ続けた。またペニスを挿入されるのは一番の悦びであり、さやかと麻衣は満面の笑みを浮かべ、何十、何百回もエクスタシーを感じた。
可憐で意志の強い地球の平和を守る正義の戦士、チェンジマンのヒロイン達の秘芯はもはや、手のつけられないほどに充血し、その奥深くからはランスの白濁した欲望の蜜と自らの愛蜜が止め処もなく噴出していた。
 チェンジマーメイドこと渚さやかとチェンジフェニックスこと翼麻衣は邪神ランスに忠誠を誓い、永遠の時を牝奴隷としてランスに仕えるのだった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

戦隊ヒロイン語録
プロフィール

mengele

Author:mengele
屈折し、歪んだ愛を戦隊ヒロインに捧げている愚の触手生物

Twitter
カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログパーツ