FC2ブログ

麗しの白虎を可愛がる

 どうも、こんばんは。有給をとった方は明日も休みで、GWは日曜まで延びるのでしょうか?私は今日までです。きっと有意義なGWを過ごせたのだと思います。(予約投稿だから分からない……)

 若干、この頃になると疲れが溜まる時期でおざなりになってきます。なので怠さに負けず、本日は麗しの白虎ちゃんを可愛がってあげましょう!
「他人の不幸を楽しむなんて、人間として一番許せないわ」


gaoranger12-352a.jpg

「うぁあああっっ!!!」
 異界から現れた敵と対峙したガオホワイト。だが敵の力はハイネスデュークを凌ぐ強さの持ち主。ガオホワイト一人では太刀打ちできず、電流攻撃で一方的にやられてしまうのだった。


gaoranger12-352b.jpg

「うぐっ!……ハァ、ハァ……」
「これが噂の白いメス猫か……対して強くもない雌ガキのくせして生意気に地球など守ってやがって」
「わ、わたしは負けない……アンタに負けてたら、父さんに笑われるわ」
「フフッ、弱いメス猫ほど威嚇しやがる。じゃあ望み通り、本当の地獄に連れて行ってやろう」


gaoranger12-352c.jpg

 異界にさらわれたガオホワイトに待ち受けていた地獄。それは触手による電流責めだった。所々、破損したガオスーツから触手は入り込み、更には股の部分を突き破り、膣にまで挿入っている。
 触手は一斉に電流を放つと異界にはガオホワイトの悲痛な叫び声が響いた。その声は三十分近くまで響き渡ったが、とうとう声は出なくなってしまう。メットの中で冴は白目をひん剥いたまま、泡を吐いていた。
異界にはただガオホワイトが電流に焼かれる音のみが絶えず響き渡っていた……
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

戦隊ヒロイン語録
プロフィール

mengele

Author:mengele
屈折し、歪んだ愛を戦隊ヒロインに捧げている愚の触手生物

Twitter
カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログパーツ