FC2ブログ

美人エスパー刑事はエネルギー吸収快楽責めがお好き!?

 今週は記事を更新しようか迷ったのですが、一応三連休ということでしたので更新することにしました。とは言いつつも以前『戦隊ヒロインはエネルギー吸収快楽責めがお好き!?』で美人エスパー刑事さんをコラってみました。あのクールビューティーが快楽に染まっていく様を楽しんでいただけたらと思います。


DEKARANGER04-222a.jpg

「あっ、ああっ!…ぅぁぁ……あぁんっ!……」
 単独で調査を行っていたデカイエローこと礼門茉莉花、通称ジャスミンは異空間に囚われ、触手に拘束されてエネルギー吸収責めを受けていた。当初は抵抗の意を見せていたが、胸や陰核に電流を流され、エネルギーを吸われ出すと次第に抵抗の意は削がれていき、今ではすっかり気持ち良さそうな笑みを浮かべている。
「フッ、宇宙警察の雌犬よ。どうだ、気持ち良いだろう!」
「あぁあっ!あぁっっ…!もぅ…ダメェッっ…!!気持良いっ!!……」
「ククク、では望み通り、電流をもっと強めてやろう!」
「ひゃあっっ!!ビリビリ気持ち良いッ!!…もっと、流してぇっ!…凄いっ…!!はぁんっ!……」
(クク、宇宙警察の雌犬もこの責めには耐えられまい。上質なエネルギーを頂くか!)
(か、快感っ!……も、もうダメぇっ…ち、ちょう…き、気持ち…好いっ!!……)
 デカスーツの上から胸の突起、陰核を針で貫かれているジャスミン。更に強い電流を流され、エネルギーを吸われると胸や股間には激痛が走るのだが、それでもジャスミンは頬を紅潮させ、涎を垂らしながら激痛から生まれる快楽を受け入れるのだった。



背景等は加工しておりますが、もっと加工する前の画像も個人的には良い味わいを出しておりましたので、載せておきます。

DEKARANGER04-222aa.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ジャスミン

彼女と言えば見た目のクールさとは裏腹に
我々親父世代のハートをくすぐる台詞の数々も
印象深いヒロインでしたが
アクトレスだったせいかコラも
あまり違和感が無いですね。

さて、愛の伝道師との対戦ですが
古風な台詞が持ち味の彼女ですから
最初は「平凡じゃないパンチね」などと
余裕を見せるも伝道師の責めに
「いけませんわ」とか「ごむたいな」
などと言いながら最後は
「カ・イ・カ・ン」などと言って果てる気がします。

ちなみに本編自体は特撮版刑事物って感じで
両方好きな自分にとって名作の一つでしたが
後にゴーバスで実現するギャバンとの共演は
ボスのドギーが元祖ギャバンと同期
若しくはかつての同僚って設定で
デカでやって欲しかったですね。

Re: ジャスミン

こんばんは、特撮最前線さん。
ジャスミン語録は昔懐かしの台詞でしたね。ヒロインのスーツアクターは女性の方に入っていただけるとコラ画像を作るのに本当に助かります。

仰る通り彼女の作品を書くときは、やはり古風な台詞がキーポイントになると思います。過去の流行語や一世風靡した言葉をもじったり、巧く使えるとジャスミンの魅力を更に際立たせられる感じがします。

ギャバンとデカの共演は観てみたいです。欲を出して、タイムとゴーバスも混ぜた大作も観たいとも思いました。

No title

管理人さま

宇宙刑事もご覧になっていたようですね。
あちらは戦隊よりも若干上の層をターゲットにしていたようで
当時の戦隊ヒロインもお姉さんって感じでしたが
宇宙刑事のパートナーと言えるヒロインは
お姉さまって印象でしたね。

戦隊との共演となるとタイムやゴーバスまで混ぜると
超大作になりそうな感じですね。
ハリケンみたく10数年後の地球署を舞台に
それぞれ出世したり、今も現場で戦う男性陣に
産休明けのジャスミンや紆余曲折(?)のあったウメコも揃って
大事件に挑む中、ドギーと元祖ギャバンとの共闘に
21世紀の宇宙刑事も絡んで…。
こりゃ超大作になりますね。

そういえばタイムやゴーバスの世界に
伝道師さま達がまだお伺いになっていないようですね。
紆余曲折のあったユウリを慰めたり、
ヨーコにもそろそろ大人の色香を
教えてあげても良いかと思います。
それにらんるにラン、そしてヨーコと
ソロのイエローヒロインは皆さん上物なのに
どうも不遇なんですよね。
そんな彼女達にも愛の手を…。

と結局最後はエロ成分でのオチになりましたね。

Re: No title

こんばんは、特撮最前線さん。
この作品がやっていたのは私が物心つく前だったのですね…(汗)wikiで確認しましたら、恐らく私が観たのは再放送だったと分かりました。宇宙刑事のパートナーは『お姉様』という感じを受けますね。(ただ当時は戦隊、特撮系を恐る恐る物陰から隠れてチラ見していた少年…特に爆破シーンは物凄く恐かったです……)

未来警察、特命ですからジャンルは同じですので混ぜても誤爆はしにくいかと思いました。舞台はデカの世界観で10数年後の地球署で嘗てのデカレンジャーのメンバーが集結し、ドギーと元祖ギャバン、そして21世紀の宇宙刑事も絡んでの共闘となりましたら、超大作ですね!

そうですね。次のガオから入ったもので当時タイムは観ておりませんでした。そしてアバレも最初の三話くらいまで観て一年は続きませんでした。ゲキも観たり、観なかったりという感じでした。いずれもブログを再開したため、作品の世界観に浸るために一年ほど前にしっかりと全話観ました。彼女達の作品が捗らないのは私の潜在意識の中、多少好みが反映してしまっているのかもしれません。
ソロのイエローヒロイン、確かに不遇ですね…チャンスがあれば不遇な彼女達にも愛の手を差し伸べたく思います^^
戦隊ヒロイン語録
プロフィール

mengele

Author:mengele
屈折し、歪んだ愛を戦隊ヒロインに捧げている愚の触手生物

Twitter
カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログパーツ